LOG IN

「UX/サービスデザイン概論~UXデザインの基礎を学ぶ~」に参加してきました。#01

by まちやん
まちやん

はー私とんでもなく凡人、固定概念の塊。。。
こんな凝り固まった思考で、いい提案なんかできるわけないわ。
はー

ナマヲくん

どうしたん、めずらしく反省なんかしちゃって。

まちやん

いやね、昨日『UX KANSAI』というところがやってる「UX/サービスデザイン概論~UXデザインの基礎を学ぶ~」っていうセミナーに参加していたんですよ。

ナマヲくん

へー、なんだか難しそうなセミナーだねぇ。
なに?改めてデザインの勉強始めたの?

まちやん

そうなんです。
最近どうもね、自分がやってるデザインにもっと付加価値というか、説明ができないといけないと思っててね。

ナマヲくん

説明ですか。今まではできなかったの?

まちやん

いや、今までももちろん「このデザインがなぜこうなったか」ということがちゃんと説明できることは大前提でやってたんですけどね、どうも、なんだろうな、しっかり響いている感じがしないなとか、こう、つかめているなという実感があまりなくてですね。

ナマヲくん

ほほー。なんでだろうね。

まちやん

なんでかなって考えてみたら、ちょっと思い当たることがあってね。私はもしかしたら、お客様を置いてけぼりにしているのではないかと思ってね。

ナマヲくん

おいてけぼり。

まちやん

そう。そのデザインが間違ってはいないとしても、お客様の心理として納得させられていないのではないかと。これはね、そのデザインがなぜそうなのかの説明がどうこう以前の問題があるのではと思ってましてね。

ナマヲくん

なるほど。すごい微妙な心の変化を見ているわけだ。

まちやん

そうなんですよ。要は、もっとお客様と一体化できないかと思っているわけです。(以降、お客様をクライアントとします)

ナマヲくん

なるほどねぇ。デザインって、一言で言ってもすごい幅広くて、ただ見た目を整えるだけじゃなく、もう、そのビジネスそのものの本質とかから入っていって、さらにそれに携わる人たちと同じ方向を向くためのチーム作りも重要というわけだね。

まちやん

そうなのよ。というかナマケモノのくせにくみ取り力すごいな。

ナマヲくん

まぁまあ、僕をそこらのナマケモノと同じにしないでくださいよ。僕特別なナマケモノだからさ。

まちやん

まぁそうだろうね。しゃべってるもんね。特に気にしないようにしていたけど、気にしだしたら宇宙の果てまで思考が飛びそうだったからさ。

ナマヲくん

そうだよ。この議論しだしたら何度朝日を見ることになるかだから、とりあえず置いといてよ。

まちやん

わかった。

ナマヲくん

(わかったんだ、それはそれではえーな)

まちやん

デザインってね、あ、たとえばモノのデザインの話ね。
そのモノと、それを使う人がいるでしょ。

ナマヲくん

いるね。

まちやん

で、そのモノ自体を作るのはクライアントだと思うんだよね。
その技術を持ってるからそれを作れると。

ナマヲくん

うん、そうだね。

まちやん

そこで、私たちデザイナーってどういうことをする必要があると思う?

ナマヲくん

それを使うであろう人に合わせて、見た目なり用途なりを最適化する。

まちやん

そう、そうなのよ。そのために、市場調査したり、ユーザーのペルソナ作ったりしてあらゆる想定をして「これが最適」ってのを見つけるわけ。

ナマヲくん

うんうん。

まちやん

しかしね、ここで問題がでてくるんですよ。
ここが私の感じる「デザインが完全に納得できない理由」と思う、私がクライアントをおいてけぼりにしているのではないか、と思うところなんだけどね。

ナマヲくん

うん。

まちやん

それを作った人、うちの場合だったらクライアントになるんだけど、その人が「これはこう使うもの」として作った用途と違う場合があって、それを「これはこう使うよりこうがいいよ」っていうことを私が作った人に納得させられていないのではないか、と思うわけです。

ナマヲくん

なーるほど。

まちやん

ここを解決しないと、納得させられないと、どこまで行っても正解のデザインは出せないと思うわけです。また、どこまで行っても発注者と受注者の枠を超えて、チームとして同じ方向を向けられるような一体化はできないのではないかと思ったわけです。

ナマヲくん

なるほどですね。

まちやん

そこで、私が改めて勉強したかったのは「チームビルディング

ナマヲくん

チームビルディング

まちやん

そう。チームビルディングとは「メンバーと思いを一つにして、一つのゴールに向かって進んでゆける組織づくり」のことを言うんだけど、社内だったらまだしもうちみたいに外部としての関わりの場合、いつまでも「発注者と受注者」という関わりだったら、クライアントが作ったそれそのものにはあまり口出しできないわけですよ。それを無視して違う提案ってできにくいわけ。でも、ほんとはそこも口出ししないといけないとうか、したほうがいい場合が往々にしてあるわけです。
これはね、デザイナーだったらこれもやるべきとかいう話じゃないです。チームとしてみんなでいいものをエンドユーザーに届けようと思ったら、チーム一丸とならないと無理って話です。

ナマヲくん

なるほどね。それで、しかし日ごろはそのチーム作りがうまくいっていないから、どうもエンドユーザー対してほんとうに最適なものになっていないかもしれない。本来は最適なものを提案すべきデザイナーが、作った人を納得させられないからそうなってしまう、と思っているということですね?

まちやん

そういうことです。

ナマヲくん

なるほど~根深いですねぇ。

まちやん

根深いんですよ。
デザイナーは、モノゴトを最適にすることが仕事である場合、最適にするためのベースづくりも必要で、それには最適なチーム作りをすることも重要な仕事である。がしかし、今はまだそのスキルが乏しいので、それを勉強しようと思いましたー。

ナマヲくん

えらいえらーい。

まちやん

ありがとうありがとう。
で、まぁそんなわけで今回こちらのセミナーに参加したわけです。それで昨日は、とりあえずブートキャンプということで、私含む参加者のみなさんの、凝り固まった思考を一旦壊すような内容だったんですね。
ちなみにこちらのセミナーは全9回で、来年の一月までありますねん。

ナマヲくん

長いですねー、がんばれる?

まちやん

がんばりますよ!習得しますよ!チームビルディング!サービスデザイン!そうじゃないと自分も納得のいく仕事ができないってわかっているからね!

ナマヲくん

おおーやる気元気勇気ですね。

まちやん

アンパンマンかよ。
で、昨日のセミナーはまんまと自分の固定概念を崩されましたね。自分が思っていたよりずっと自分常識人というか、つまらない人間で固定概念にはまりまくっていたことに気づけました。

ナマヲくん

ほほー。固定概念ですか。

まちやん

もうね、こんなにも思考凝り固まっていたかと。一辺倒な考えしかできない人になっていたんだなと思って愕然としたと同時に、今このタイミングでそれを知れてよかったと思いましたね。
これまでの経験とか思い込みって恐ろしい。

ナマヲくん

そうなのねー。

まちやん

あと、チームビルディングの難しさね。ほんと難しいよ。これは今からがんばって習得しないといけない部分だね。まだ説明できるに至らないので、徐々に説明できるよう頑張ります。

ナマヲくん

応援してます。

まちやん

昨日勉強した中で、ひとつだけお伝えしますと。
「自分の出したアイデアに疑問を持つ」とうこと。
常に疑問を持ち続け、人に聞いてみて、意見をもらうことを恐れないこと。
ワンマンでやってると、ここを自分本位でやってしまうのがほんとにいけないことだと思いました。

ナマヲくん

人の意見って耳が痛いことあるからね。

まちやん

そういえばナマヲくんって耳あるんですか?

ナマヲくん

ありますよ。小さくて見えないかもですが、人間と同じような位置にちゃんとあります。

まちやん

あ、ほんとだ。かわいい耳が

ナマヲくん

触るなー!

まちやん

すすすみません。(くすぐったいんだな)
とまぁ、こんな感じでこれから9か月かけて「UX/サービスデザイン」を勉強していきたいと思います。
もっと具体的にクライアントの役に立つようがんばりますよ!
次回は7月8日(土) !

ナマヲくん

次回のレポお待ちしてます!



まちやん
OTHER SNAPS